メンタルケア心理専門士

メンタルケア心理専門士の試験難易度

メンタルケア心理専門士の試験難易度

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

合格することができれば、心理カウンセラーのプロとして活躍が期待されるメンタルケア心理専門士。
メンタルケア心理士の在宅受験とは異なり、試験会場での受験です。そのため他の受験者の存在が気になり緊張度も高まってくると思います。
学科試験の他に課題レポートの提出もあり、更に難関度が増すような気がします。そのふたつに合格して初めて実技試験を受けることができます。実技試験はカウンセリングの試験なので、まさに緊張しそうですが、それまで勉強してきたことを発揮するチャンスでもあると思います。
メンタルケア心理士でもカウンセラーとして仕事をすることは可能ですが、実際のところ、メンタルケア心理専門士と比較すると、やはり仕事の対応能力、質ともに低くみなされてしまうと思います。メンタルケア心理専門士は、それだけ実践的な専門性の高い学習を行っているため、多くの知識と技術を学んだメンタルケア心理専門士にはかなわないと思います。
平均合格率が21.2%ということからみても、取得することによって、仕事先からも相当高く評価される筈です。挑戦する価値は大きいと思います。

 

受験者情報はどうなっているのでしょうか?一番多いのは、30代の40%、次に20代、40台のそれぞれ26%、50代の6%、60代の1%と続きます。
また、そのターゲットはどのような方たちなのでしょうか?一番多いのは27%の医療従事者、22%の会社員、パート・アルバイトとその他のそれぞれ16%、主婦の12%、自営業4%、そして学生・公務員のそれぞれ1%です。医療従事者が多いのは納得ですが、会社員も主婦の方もそれに負けてはいません。
年代とターゲットからみても、年齢や仕事などに関係なく受験できる今後ますます注目される資格です。
メンタルケア心理士に比べると、試験もかなり難しくなりそうですが、合格した時の喜びは何ものにも代えがたいのではないでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ