メンタルケア心理専門士

メンタルケア心理専門士の試験勉強法

メンタルケア心理専門士の試験勉強法

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士に合格した人、また、臨床心理士の資格を保有している人、心理隣接研究生や心理専攻科修士の方は、ぜひともメンタルケア心理専門士を目指しましょう。
受験資格を持っているということは、心理学系学問は勉強してきている筈なので、ある程度の知識を持っている方だと思います。勉強の道から遠ざかっていたとも考えにくいので、まずは、自分の今までおこなってきた勉強方法で問題ないと思います。
ただし、試験範囲が多岐にわたります。そのためメンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の範囲全般を習得しておく必要があります。
学科試験は約50問あるようです。メンタルケア心理士の約2倍以上の問題です。実際の試験では時間配分を考えないと時間が足りないかもしれませんので、勉強する時もそういうことを考えて勉強しておくとよいかもしれません

 

またその会場で発表される課題レポートは、約1か月の期間があるようですので、勉強しておけばレポート提出もやり遂げられると思います。
とにかく、学科試験と課題のレポートに合格しない限り、実技試験を受けることはできないので、精一杯やり遂げましょう。
合格することができれば、待ちに待った実技試験を受験することができます。
実技はカウンセリングになりますので、日ごろ勉強してきたあらゆる事例を何度も復習しておくことが一番の勉強方法になると思います。
重要なことは、メンタルケア心理士受験の際からメンタルケア心理専門士を受けることを念頭において、勉強をすすめておくのが良いと思います。
メンタルケア心理士の受験は在宅受験なので、その時からノートをきちんとまとめておくことが大切です。実際メンタルケア心理専門士受験の際も、復習をする際にきっとそのノートや資料が役立つと思います。
また、メンタルケア心理士講座を修了された方は、そこで実施される模擬試験や終了試験のようなもので勉強したことが役立つと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ