メンタルケア心理士

メンタルケア心理士の評判

メンタルケア心理士の評判

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士といえば、聞こえはいいけど、資格を取得する意味はどれだけあるのだろうか?
このように思った方もおられるかもしれません。
そこで今回は、メンタルケア心理士の評判についてリサーチしてみました。
メンタルケア心理士という資格自体はどのように見なされているのか、以下の報告を参考になさってください。

 

メンタルケア心理士は潜在的な需要が多い

 

就職に有利になるかどうかはともかく、メンタルケア心理士で学んだ知識とスキルに対しては、社会的に潜在的な需要が多いようです。
これは心理的なストレスを感じることが多い社会を表わしていますが、現代では仕事や人間関係の悩みから心理的な問題を抱える人が多く、その悩みを人に相談したい、聞いてもらいたいと思っている人が多いのです。
メンタルケア心理士はこうした相談者に的確なアドバイスを与えられる資格なので、資格を持っていることを告げられれば、大いに頼られる存在となります。
特に産業分野では、労働者の心理的ストレスを重視して社内に「相談室」を設けるところもありますが、メンタルケア心理士の資格があればこういうところで活躍することができます。
現時点でもすでにそうですが、社会は混迷を深めており、これからもその度合いは強くなっていくことが予想されています。
そんな中で、心理的なケアやサポートができるプロフェッショナルの需要が増えているのは事実であり、その点からいえば、メンタルケア心理士の評判は高いといえます。

 

厚生労働省に認定された資格

 

一方では、メンタルケア心理士を持っているだけでは就職的には不十分だという声もあります。
確かに、心理学系の資格には臨床心理士や産業カウンセラーがあり、こうした資格を持っているほうが就職には有利になるでしょう。
しかし、臨床心理士は大学院まで行かなければ資格がとれないこと、産業カウンセラーは資格取得に最低1年以上、費用は20万円以上がかかるというデメリットがあります。
その点、メンタルケア心理士なら、認定された通信講座を受ければ費用は5万円程度ですみ、短期間で講座も終わり、開業支援も受けられます。
それに、臨床心理士や産業カウンセラーに劣るとはいっても、メンタルケア心理士もちゃんと厚生労働省に認定された資格の一つなのです。
その評価は決して低くないばかりか、対人関係でのタフさが求められる部署で働く場合、メンタルケア心理士の資格を有するだけでキャリアアップを望むことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ