メンタルケア心理士

メンタルケア心理士の受験資格

メンタルケア心理士の受験資格

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

何かの資格取得を考えた時に、試験の難易度やどのように勉強すべきかが多いに気に掛かるところですが、それ以前の大前提として自身が受験資格を満たしているかも確認しておかなければなりません。
一口に資格試験と言っても様々なものがある訳で、窓口が開かれて誰でも受験する事ができる資格もあれば、一定の要件を満たさなければ受験できない場合もあるのですが、メンタルケア心理士についてはどのように規定されているのでしょうか。

 

メンタルケア心理士の受験資格

どのような人であれば受験できるかについては受験要領に細かく記載されているのですが、他の資格と比較して受験資格のハードルが高い点が特徴として挙げられます。
具体的な内容については4つの項目が掲げられており、まず学会指定教育機関でメンタルケア心理士講座の受講修了をした者であること、認定心理士の資格保有している者であること、産業カウンセラーの資格保有者であること、文部科学省の定める年制大学心理学部や学科または心理隣接学部などの学科卒業者、などいずれかに1つに該当する事が必須です。

 

受験資格を満たす為に学ぶ教育機関について

まず受験を受けるための要件の一つ目にある学会指定教育機関についてですが、教育付属校の通学講座ではTERADA医療福祉カレッジ通信新宿本校、通信講座ではTERADA医療福祉カレッジで受講できます。
続いて協会賛助会員の通信講座には、ヒューマンアカデミー・LEC 株式会社東京リーガルマインド・大阪バイオメディカル専門学校などの学校が挙げられます
また協会賛助会員の通学講座では麻生医療福祉専門学校福岡校・横浜医療情報専門学校・秋田福祉専門学校・カウンセリングルーム優心・キャラアロマテラピースクールなどで開講されており、いずれかの教育機関で受講修了する必要があります。

 

こうした様々ある学会指定教育機関についてはそれぞれで学校に特徴があり、また学習に際しては通学か通信のどちらを選ぶかについても細かく検討する必要があります。
ただすでに働きに出ている方の場合は通学での学習は時間の制約がある中で難しく、また学校自体も必ずしも近隣にある訳ではありません。
そのため学校選びでは通信で学べる所を選ぶともっとも効率良く学習を進める事に繋がります。
また各種ある通信講座の中でも特にヒューマンアカデミーのたのまなの通信講座は当学会指定教育機関にあたる上に利用者からの評判も高く、お勧めの教育機関として挙げられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ