メンタルケア心理士

臨床心理士の資格よりも現実的なメンタルケア心理士

臨床心理士の資格よりも現実的なメンタルケア心理士

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

心理関係の資格について国家試験は無いものの民間試験は様々あるもので、その中でも知名度の高い臨床心理士を目指す方も多くなります。
特に近年では合格者数の累計が3万人ほどになり、試験合格後は様々な活動領域で幅広く仕事に励んでいる姿を見受けられます。
ただ試験が開始した昭和63年以降の累計で3万人と聞くと少ないように感じるもので、実は年間の合格者数は2000人台後半ほどと多くはなく合格率も60%とそれほど高くないのです。
臨床心理士は大学卒業後に大学院に進んだ上で試験を受けることになり、初学者の方は時間と労力が非常に掛かる割に必ずしも合格できる訳ではないのです。
こうした事情ゆえに知名度が高い一方であまり現実的な資格ではなく、累計の合格者数もそれほど人数が多い訳ではないのです。

臨床心理士よりも現実的な資格とは

心理関係の民間試験は臨床心理士だけでなくその他にも有用な試験は様々あります。
取得までの手間や先々の事を考えれば他の取得を目指す事も一つの手になり、そうした中でも特にメンタルケア心理士はお勧めの種類として挙げられます。
メンタルケア心理士はストレスや精神的な悩みを抱える方に対して心理カウンセリングや心理療法を行なう能力を有することを証明するもので、医療・福祉・教育・産業・公共サービスなどを始め活動の場は幅広くあります。
心に問題を抱えても人は誰かに相談できず1人で抱え込む方も多いのですが、そうした方々に対し心の負担を未然に防いだり相談に乗り援助するための技法を習得し、いわば心の健康アドバイザーとしての役割を担います。

メンタルケア心理士は初学者に有利

メンタルケア心理士を受験するためには一定の要件があります。
まずはこの要件を満たす事から始めなければならないのですが、比較的に容易に受験資格を満せる事が大きな特徴であり、取得を目指す上で有利な点として挙げられます。
要件としては、メンタルケア学術学会指定教育機関で講座を受講し修了をした者・認定心理士を保有している者・産業カウンセラー初級を保有している者・文科省の定める4年制大学心理学部や学科または心理隣接学部の学科卒業者など、4つのいずれかを満たすだけになります。
前述のように大学院への進学を行なう必要はなく、医療関係の専門学校や通信教育で学ぶだけになりますので、取得のしやすさで言えば現実的となります。
また試験に関しては在宅試験になりますので、落ち着いた環境での受験が可能です。


ホーム RSS購読 サイトマップ