メンタルケア心理士

メンタルケア心理士の将来性

メンタルケア心理士の将来性

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

カウンセラー業界の中でメンタルケア心理士は比較的新しい資格です。その活躍の場は、年々広がっており需要も増大してきています。
これは実施される試験の回数を見てもわかります。当初、メンタルケア心理士の資格試験は年に2回だけでした。それが年追うごとに3回に増え、現在は年に4回の試験が行われています。それだけ需要も増加しているということが伺えます。
資格試験の範囲である精神解剖生理学、精神医科学、そしてカウンセリングの知識などかなりの専門的知識を有しているのがメンタルケア心理士です。
活躍の場は多岐にわたりますが、最もその資格を活かすことができるのは、教育、医療、福祉そして企業のカウンセリングルームなどが多いと思います。その中でも特に医療、福祉の分野では需要も増えてきていますし、かなり期待できる分野だと思います。
また独立して開業するというプランもあると思います。

 

更に、メンタルケアの分野を極めていきたいと思うのであれば、メンタルケア心理士の上位資格メンタルケア心理専門士の資格を取得するということも考えられます。その資格を取得後、学会の理事会で審査され認定される「認定プロカウンセラー」になれるかもしれません。
また、メンタルケア心理士やメンタルケア心理専門士の講師になるという道もあり、その範囲はとどまるところをしりません。
また、働きたい業界がはっきり決まっているのであれば、その隣接資格も取得しておくと更に強みも増すと思います。例えば、働きたい業界が福祉業界の場合は、その隣接資格である介護福祉士や精神保健福祉士などがあげられるでしょう。
高齢化社会を迎え、学校や働く人々もストレスを抱えている時代です。今後ますます期待され、社会の役に立つメンタルケア心理士。
カウンセラー業界に興味はあるけれども、受講するかどうか迷っているという方は、まずは資料を請求してみましょう。そこから扉は開かれると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ