メンタルケア心理士

心理カウンセラーになりたいならメンタルケア心理士

心理カウンセラーになりたいならメンタルケア心理士

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケアに関する資格は主にメンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つに分けられます。
3つもあるとどの資格を取得するのがいいのか迷ってしまいますが、心理カウンセラーとして働くことを考えるならメンタルケア心理士の取得をまずは目指しましょう。

 

そもそも、3つの資格の違いについてですが、メンタルケアカウンセラーの資格はメンタルケアの基本中の基本を学ぶことができる資格です。
心理カウンセラーになるためには必ず必要になる知識を学ぶことができ、難易度ももっとも易しい資格です。
基本はとても大事ですが、メンタルケアカウンセラーの資格だけではカウンセラーとして働くのは難しく、これからメンタルケアの勉強を始めようという方や、現在している仕事にメンタルケアの知識を活かしたいという方などが取得を目指す資格です。

 

一方でメンタルケア心理士の資格はさらに踏み込んだ知識、具体的には解剖学などの医学的な知識も身に付けることができます。
メンタルケアの知識と医学的な知識を組み合わせることでより正確で、質の高いカウンセリングを行うことができるようになります。
カウンセラーとして働くことを考えるならやはり最低限メンタルケア心理士の資格を取得しておきたいところです。

 

最後のメンタルケア心理専門士ですが、これはメンタルケア心理士の上級資格とされていて、より深い知識を学べます。
その意味ではメンタルケア心理専門士を取得するのが1番だと言えるのですが、メンタルケア心理専門士の資格はメンタルケア心理士の資格を取得していることが受験の条件になっています。
つまり、メンタルケア心理専門士になるためには結局メンタルケア心理士の資格を取得する必要があって、その意味からも心理カウンセラーを目指すならまずはメンタルケア心理士合格を目指すことになります。
心理カウンセラーになるための第一歩と言える資格ですので非常に重要な資格と言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ