メンタルケア心理士

メンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の違い

メンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の違い

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケアを目的とした資格はメンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の2つが代表的です。
非常によく似た名称の2つですが、それぞれで違いがありますのでしっかり把握しておきましょう。

 

どちらもメンタル、つまり心のケアをすることは同じですがたとえば資格取得の難易度や受験資格も変わってきて、メンタルケア心理専門士はメンタルケア心理士の資格や、臨床心理士の資格を所有していることが受験の条件となっており、このことからメンタルケア心理士の上級資格であることがわかります。
メンタルケア心理専門士になるためにはまずメンタルケア心理士の資格を取得する必要があるわけです。
難易度もメンタルケア心理士よりも高くなり、メンタルケア心理士の合格率は40%ほどですが、メンタルケア心理専門士の合格率は少し下がって35%ほどです。
より深い知識が必要になると言えるでしょう。

 

将来的にカウンセラーとして働きたいという場合、メンタルケア心理士だけではなくメンタルケア心理専門士の資格も取得することでより幅が広がります。
メンタルケア心理士はメンタルケアの基本を学ぶ資格と言えますので、実際に仕事に活かすためには少し心もとない資格になるでしょうか。
一般的にメンタルケア心理専門士の資格も取得しておけば学んだ知識を応用することも可能になり、患者とより深いコミュニケーションをとることが可能になります。
このことを考えるとメンタルケアの知識を今の仕事でも活かしたいならメンタルケア心理士を、メンタルケアに関する仕事をしたい時にはメンタルケア心理専門士を取得するのがいいでしょう。
もちろんメンタルケア心理士の資格があればカウンセラーとして働くこともできますが、上級資格であるメンタルケア心理専門士の資格を取得しておいた方が就職や独立に有利になるだけではなく、実際の現場でも役に立ちます。

 

メンタルケア心理士は基本を、メンタルケア心理専門士は応用力を身に付けるための資格と考えるとわかりやすいかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ