メンタルケア心理士

日本の国民性とメンタルケア心理士

日本の国民性とメンタルケア心理士

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士が日本で活躍するようになった背景には日本の国民性も影響を与えていると言えるかもしれません。日本人のもつ慎み深さや辛抱強い特質は欧米の人々から見れば奇異と思えるほどに徹底していると言われます。そのためこれまでは日本ではメンタルケア心理士のような専門家に悩みやストレスを打ち明けて解決するようなスタイルがなかったようです。それでもメンタルケア心理士が知られて活躍するようになった事には、日本の国民性が持つ別の要素が関係しているように感じます。その要素とは他人と異なっていることを嫌うという要素です。みんなと一緒、同じだと安心する訳です。この要素は近年のインターネットの普及で大きな力を見せてきました。インターネットを通じて他の人が体験していることや、行っている事を見て良い成果が生まれたり、成功したりしていれば真似するのです。みんなが行っていることを自分も行うと安心というわけです。

 

最初は日本でもメンタルケア心理士は知られていなかったのですが、その資格を持った人の働きや、活躍の場、実際に成し遂げた成果がネットなどに掲載され始めますと、多くの人が注目して資格を取ったり、資格を持っている人の所に相談に行くようになりました。また、この資格を扱った書物もたくさん出版されるようになりました。結果として人々にとってとても身近な存在となってきたようです。人の真似をしていると安心という国民性は自主性がないと批判されることがありますが、良い影響や成功につながることであれば、ドンドン真似しても良いのではないでしょうか。

 

このように考えますと、メンタルケア心理士は日本の国民性にぴったりの資格であると考えても過言ではないでしょうか。今後も日本の人々に受け入れられて、活躍の場が広まるなら、精神的、感情的なストレスを抱える人々に大きな力を与えるすばらしい助けになるに違いありません。外国にはない日本の資格として活躍の場を広げたいものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ