メンタルケア心理士

メンタルケア心理士は弁護士の方こそ持ってもらいたい資格

メンタルケア心理士は弁護士の方こそ持ってもらいたい資格

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士は心理カウンセラーとしてだけではなく、仕事にも活かすことが出来る資格であるのは説明しましたよね。人と人が接する仕事であればメンタルケア心理士の仕事は様々な分野で活躍することが出来ると思います。人と人が接する仕事の中に、弁護士さんがあります。弁護士は困っている人の正義の味方的な役割もあります。そんな弁護士の人にこそ、メンタルケア心理士の資格を目指してもりたい理由があります。

 

弁護士にこそ、メンタルケア心理士を取得して欲しい理由

 

弁護士に相談する内容の中で一番多いのが、「離婚相談」だといいます。結婚するよりも何倍ものパワーがいるといわれる「離婚相談」ですが、男性女性で求めているものが違うこともあり、話が中々まとまりません。弁護士の本来の仕事ではないかもしれませんが、「一番身近な協力者としての存在」であることが大切です。
また、実際に弁護士に相談した人の中では何だか緊張してしまいうまく希望を伝えることが出来なかったと感じる人も多いのです。
弁護士に「離婚相談」に来ているのですから、思っていることや希望をきちんと伝えることが出来ないと意味がありませんよね。ですが、相談者にそれを求めるのは中々難易度が高い話になってしまいます。相談者ではなく弁護士自身が話を聞き出すプロになることが大切です。相手が求めているものを待つ姿勢ではなく、聞き出す姿勢が大切です。だからといって、無理やり聞き出しては意味がありませんので、相手がリラックスした状態で希望を聞き出せることが重要です。

 

実際に弁護士でメンタルケア心理士を取得している人は?

 

少ない人数ですが、メンタルケア心理士を取得している人はいます。弁護士でもあり、相手の話をじっくりと聞くメンタルケア心理士は、需要としては非常に高く、相談者の方が弁護士事務所を選ぶ際の基準にしている方もいます。話が苦手な人からすれば、弁護士に話すのはとても勇気がいることです。そんな相談者の気持ちをくむことが出来るメンタルケア心理士なら安心して相談することが出来ますね。

 

弁護士の世界も、弁護士の資格だけでは仕事を請け負うのが難しくなっています。弁護士事務所はたくさんありますし相談者の人が選んでくれないと、経営が成り立ちません。特に弁護士の仕事は相談しただけではほとんど報酬が発生せず、成果報酬の案件が多いので、実際に「離婚問題」を解決させないと事務所としてもマイナスになってしまいます。
あなたの弁護士事務所にもメンタルケア心理士で付加価値をつけてみませんか。


ホーム RSS購読 サイトマップ