メンタルケア心理士

メンタルケア心理士はメンタルケア学術学会認定の資格

メンタルケア心理士はメンタルケア学術学会認定の資格

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

心理カウンセラーの資格には公認心理師を除くすべての資格が民間資格となっています。その為、心理に関する団体が認定し、資格証明書を発行する流れになります。今注目されているメンタルケア心理士は、どこの団体が認定している心理カウンセラーの資格になるのでしょうか。

 

メンタルケア心理士の認定団体はどこ?

 

メンタルケア心理士の場合、「メンタルケア学術学会」が認定しています。代表取締役兼最高経営責任者は別府 武彦氏となり、医療福祉コンサルタント&カウンセラーをされている心理カウンセラーにおいて有名な方です。
「メンタルケア学術学会」が設立された目的として、「真のメンタルケアへの追及」だといいます。

 

【設立目的】----------------------------------------------------------------------------------------
1.カウンセリングを円滑に行うために精神科医や看護師、その他心理職、ソーシャルワーカー、ケースワーカーなどメンタルケアなどに係わる当事者間との有機的連携を図る。
2.メンタルケアを必要とする全ての人々に関連する調査、研究を発表する場を提供すること。
3.メンタルケア学術学会認定「メンタルケア心理士(R)」「メンタルケア心理専門士(R)」の地域・社会貢献を行うための実務能力の研鑽を行う。

 

また、メンタルケア学術学会設立意義は、かかる学会領域関係する専門家(主にメンタルケア心理専門士(R))や研鑽者(主にメンタルケア心理士(R)及び受講生)が学術の交流を図ることにより、メンタルケアの発展と向上に寄与する。

 

年に2回学会事業も行っており、知識技術の研磨や各種専門家の情報交換の場としています。またメンタルケア心理士からメンタルケア心理専門士(R)の啓発も行い、スキルアップ事業にも尽力しています。

 

「メンタルケア学術学会」だからこそのメリットとは?

 

メンタルケアに特化し、推奨している団体だからこそメンタルケア心理士としての道の選択肢が広がります。メンタルケア心理専門士や、U種講師の推奨など心理カウンセラーとして成長できる環境が揃っています。学会に参加できれば権威ある心理カウンセラーの方々と交流を持つことが出来ますし、メンタルケア心理士として活躍することも出来ます。心理学の教育者としても経営者としても独立することが出来ますし、コミュニケーションも積極的にとることが出来ますよ。

 

メンタルケア心理士は、資格を取るだけでも活躍できますが、その幅を広げたりチャンスを与えてくれるのはとても嬉しいことですよね。メンタルケア心理士として活躍してみませんか。


ホーム RSS購読 サイトマップ