メンタルケア心理士

メンタルケア心理士に合格すると認定証がもらえる

メンタルケア心理士に合格すると認定証がもらえる

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士の資格を習得したら、資格を習得したのはどのように確認することが出来るのでしょうか。また、職場に提出する時に何を見せればいいのでしょうか。メンタルケア心理士の認定証は公的な意味があるとはどういった意味なのでしょうか。

 

メンタルケア心理士を証明する認定証

 

メンタルケア心理士の勉強も頑張ったし見事試験を合格したら、その後どのようにしたらいいのでしょうか。メンタルケア心理士の本試験に合格すると資格を証明する認定証が内閣府認証設立である医療福祉情報実務能力協会、および財団法人生涯学習開発財団より
届きます。メンタルケア心理士は民間資格になりますが、厚生労働省に認定された「ジョカード」の資格に該当します。メンタルケア心理士は、一定の職業能力があることを示すため、公的に認められた資格を取得したと証明することができます。民間資格でありながら国の省庁の一機関というしっかりとした後ろ盾が証明される資格になるのです。

 

メンタルケア心理士として自信をもって仕事が出来る

 

心理学の資格と呼ばれるものはたくさんあります。その為、初心者が簡単に習得できるような心理学の仕事では効力が弱いですし就職や転職でも苦労します。メンタルケア心理士は、心理カウンセラーを仕事にしたい人の入門編のような資格です。もっと上には臨床心理士や公認心理師などもありますが、この2つは心理学を専攻している大学や大学院まで通わないと資格を取ることが出来ず、社会人として仕事をしながら学ぶのは簡単なことではありません。メンタルケア心理士は、在宅で学ぶことも試験を受けることも出来ます。その為、あなたの今の生活を変えることがなく確かな技術の心理カウンセラーの資格を取ることが出来るのです。
よりハイレベルな資格を求めるのであれば「メンタル心理専門士」を目指すのもいいでしょう。心理学の分野での社会貢献が評価されると、まれに学会理事会によって「認定プロカウンセラー」に審査されることもありますので非常にやりがいがありますね。

 

メンタルケア心理士として仕事をするのであれば、ジョブカードとして認定されている資格を取得するように目指してくださいね。より上を目指すことも出来ますし、心理カウンセラーとしての道が開けます。公的に認められた資格をもっているだけで、あなたの自信に繋がりますし、心理カウンセラーとして是非とも挑戦してもらいたいと思います。
今後心理カウンセラーとして活躍したい人は目指してみてくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ