メンタルケア心理士

メンタルケア心理士の試験対策

メンタルケア心理士の試験対策

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士の試験は、難易度が高くきちんと勉強することが重要です。
1回の試験で合格出来ず、数回挑戦する人も多いとか。出来るだけ早く試験に合格したいし、試験費用ももったいないと感じますよね。メンタルケア心理士の試験対策はどのようにしたらいいのでしょうか。

 

メンタルケア心理士の試験対策とは??

 

メンタルケア心理士に何としてでも合格したいと思いますよね。資格の試験は学校の勉強とは違い、勉強のポイントを先生が教えてくれるわけではありません。通信講教育の中には、DVDを参照するとポイントがわかるものもあります。DVDによる勉強法がいいのか、文章で見たほうがいいのかあなたにあった勉強方法を行うことで効率よく学ぶことが出来ます。

 

【記述試験】
メンタルケア心理士の試験は、専門的な内容や用語が多いので一般的な仕事をしている人にはその用語を覚えるだけでも難易度が高くなります。在宅試験は、テキストなどを見て行うことも出来ますが、資料にもたくさん種類がありますし、テスト内容の答えを探しているうちに時間が過ぎてしまい調べることが出来なくなってしまうことも。試験当日までにテキストの試験に出そうな場所をピックアップして付箋を貼り、どんな試験内容が出ても大丈夫なようにある程度暗記しておくと、当日慌てる心配がありません。

 

【論述試験】
「〜について述べよ」といった800文字程度の試験が出題されます。文章を作成するのが苦手な人や、主観的な文章を作成してしまう人、慌ててしまうと結果が出ない人は、十分に読み込んで試験に臨むようにしてくださいね。
試験内容の過去問を解いたり、架空の問題を作成して文章にする癖をつけておくと、論述の試験でも十分な結果を出すことが出来るでしょう。

 

メンタルケア心理士は、確かに難しい試験ではありますが、平均的に3〜4カ月かけてしっかりと学ぶことが出来ます。通信教育の場合、3回の添削もありますし、わからないことがあればいつでも相談することが出来ます。わからないまま進んでしまうと、結果覚えきれず試験に落ちてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。
わからないことはそのままにせず、きちんと確認する。予習・復習を通し学んだことを確かなものにする努力が大切です。聞きなれない言葉だからこそ、何度もテストを繰り返し、専門的な用語を説明出来るまでになると試験当日も安心です。
仕事で忙しい人も効率を意識しながら頑張ってくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ