メンタルケア心理士

メンタルケア心理士の試験日程

メンタルケア心理士の試験日程

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士は記述と実技試験があることでも知られています。
それぞれ別日に設定されているので確かな日程を知っていることが大切です。
メンタルケア心理士の試験日程はどのように知ることが出来るのでしょうか。

 

メンタルケア心理士の試験日程が知りたい!

 

メンタルケア心理士は、学科試験と実技試験があり、日程が異なるのは前述でも述べた通りです。試験の日程を知る方法は2つあります。

 

・願書提出後、メンタルケア学術学会から届く案内に記載
・メンタルケア学術学会の公式サイトを見る

 

毎年日付が変わるので注意が必要です。
学科試験、課題レポート提出、実技試験が年に2回行われています。
実際に平成28年ではこの日程で行われていました。

 

【学科試験】
第26回 平成28年5月15日(日)
第27回 平成28年10月23日(日)

 

【課題レポート提出期限】
第26回 平成28年5月30日(月)消印有効
第27回 平成28年11月7日(月)消印有効

 

【実技試験】
第26回 平成28年7月10日(日)
第27回 平成28年12月11日(日)

 

試験日程が近くなると、平成29年度の試験日程も発表されると思います。
学科と課題レポートの提出後、半年程度で合否の発表が行われます。
その学科と課題レポートの合格者が実技試験に進むことが出来ます。
基本的には土日に行われているのでお仕事がある人でも安心して試験を受けることが出来ます。

 

合否が届かない場合はどうしたらいいの?

 

各受験界の合否発表日の当日に、学界から合否通知書を、記載されている住所に郵送される仕組みとなっています。万が一合否通知書が届かない場合、合否発表日から必ず7日経過してから学会に問い合わせるようにしてくださいね。合否に関しては郵送のみで電話・FAX・メールでは承っていません。学科・実技の免除の場合、合否通知の表面に記載があり、次回受験時に願書と一緒にコピーを提出することが必須となっていますので無くさないように保管しておいてくださいね

 

メンタルケア心理士の試験は、学科やレポート、実技と3段階に分かれて行われます。
学科から実技まで半年近く間が空くのでしっかりと勉強する時間も確保できますね。
学科試験や、課題レポートで落ちてしまった人も、次回また挑戦することも出来ますので、是非合格までめげずに頑張ってくださいね。在宅試験なので、お仕事が忙しい方も主婦の方も挑戦することが出来るのが嬉しいですね。願書の提出の仕方はメンタルケア学術学会で見ることが出来るので参考にしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ