メンタルケア心理士

メンタルケア心理士はテラダ(TERADA医療福祉カレッジ)で目指せるがおすすめできない理由

メンタルケア心理士はテラダ(TERADA医療福祉カレッジ)で目指せるがおすすめできない理由

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士の勉強がしたいけど、どこで勉強したらいいのか悩みますよね。
通信で医療関係を学べるメンタル心理士の資格が学べるテラダ(TERADA医療福祉カレッジ)も気になるけど実際にどうなのかな?と迷っている方、テラダのメリット&デメリットをご紹介致します。

 

メンタルケア心理士はテラダで学ぶべきか?

 

テラダは医療・福祉・心理の3つの資格に特化した通信制の教育を行っています。
テラダの場合、嬉しいサポート体制がたくさんあります。
まずは学べる内容として心理学の基礎はもちろん、応用心理学、医学一般、精神医学、薬学関連、カウンセリングなどメンタルケア心理士として必要な項目の全てを学ぶことができます。受講期間としては最短3カ月〜標準4カ月となり、忙しくて勉強できなかった人も安心の無料延長4カ月もついてきます。通信教育に特化したカリキュラムとなっているので、テキストの内容もわかりやすく、質問は何度でも行うことも出来ます。通信では珍しい希望者には電話ロールプレイングも行っているのでわからないことはそのままにせずに、すぐ解決することが出来ます。実際に現場で働くことが出来る実践的な内容を取り入れているので心理学初心者でもきちんと学ぶことが出来ます。ではなぜ、メンタルケア心理士を目指すのにテラダをおすすめしないのか説明しますね。

 

メンタルケア心理士はテラダで学ぶのはおすすめしない訳

 

テラダでは、確かにメンタルケア心理士について学ぶことが出来ますが、心理学を学ぶ時の基本としてまずは自分自身について知ることが大切です。メンタルケア心理士の資格を学べる他社の通信教育には「交流分析・エゴグラム」を無料でつけているところもあります。
医療分野では知られている名前ですが、会社員でメンタル心理士の資格を勉強したいと思っている人には、少しブランド力に欠けるともいえるでしょう。一般的に知られている有名な通信教育で資格を取るほうが就職する時に、知られているのでアピールポイントになります。

 

テラダ(TERADA医療福祉カレッジ)は、資格習得後のお仕事の紹介を行っていたり、嬉しいサービスもたくさんあります。あなたが医療系・福祉系の仕事をしているのであれば資格習得後のサポートも厚いのでテラダがおすすめです。通信教育にはそれぞれ特色がありますので最初に資料の問い合わせをして、比較してからどこで勉強するか検討してみるといいでしょう。心理学は通信制もいいですが実践的な通学制もおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ