メンタルケア心理士

メンタルケア心理士はLECで目指せるがおすすめできない理由

メンタルケア心理士はLECで目指せるがおすすめできない理由

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

「メンタルケア心理士」が「ユーキャン」で取得できないことは先程説明しましたが、
同じく資格の通学・通信を行っている「LEC」なら「メンタルケア心理士」の資格を取得することが出来ます。ただし、出来るなら「LEC」はおすすめしません。その理由について説明しますね。

 

LECの「メンタルケア心理士」はどんな内容なの?

 

LECは約半年の期間をかけて「メンタルケア心理士」について学ぶことが出来ます。
資格習得後に「メンタルケア心理士」と「メンタルケア心理専門士」の両方の資格を取ることが出来、心理学のプロとして活躍することが出来ます。
「メンタル心理士」の受講内容は以下のものです。

 

1.受講ガイド
2.添削問題集+解答用紙
3.質問用紙5枚
4.補助レジュメ「メンタルケア心理士 意味と解釈」
5.返信用封筒
6.テキスト3冊 精神解剖生理学基礎/精神医科学基礎/カウンセリング基本技法
7.DVD 8枚(40分/1枚)
8.ポイントDVD 3枚
9.パワーポイント集

 

教材自体はとてもシンプルなつくりとなっており、講師は知名度が高い人も多く、問題集で学習して、答案用紙を返信する方式を取っています。教材としてはとても優れているのがLECのいいところです。ではLECをおすすめしない理由とはどのような点からなのでしょうか。

 

「メンタルケア心理士」でLECをおすすめしない理由とは?

 

LECをおすすめしない理由としては、通信講座の受講料が高いことにあります。LECではW資格取得制度を取り入れているので、2種類の資格を得ることが出来ます。金額としては、心理カウンセラー講座「メンタルケア上級Wパックで124000円となります。10万円を切る金額で学べることが多い中、この金額はとても高額ですよね。心理学の基礎的なものを学びたい人にも向いていないと思います。またLECでは、資格習得後の就職サポート・支援を行っていません。資格習得後の割引やキャンペーンなどはあるようですが、就職支援がないのはとても残念です。心理学は就職先を見つけるのが難しい場合もあるので、出来るなら就職支援サービスもある通信講座を選択するのをおすすめします。

 

「メンタルケア心理士」の資格を取ることが出来る通信講座はたくさんありますが、値段やコスパ、資格習得後のサービスなど総合的な部分を比較して本当に資格を取るのはここでいいのか検討するようにしてくださいね。公式サイトなどを見るとテキスト内容のサンプルなどもあるのであなたが勉強しやすいなと感じる通信講座で学ぶようにしましょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ