メンタルケア心理士

メンタルケア心理士と認定心理士の違い

メンタルケア心理士と認定心理士の違い

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

心理学の資格の中に「メンタルケア心理士」と「認定心理士」と呼ばれるものがあります。
認定心理士も大学を卒業し取得する資格になるのですが、この2つの資格の違いとはいったいどのようなものでしょうか。同じように勘違いされがちな心理学の資格には様々な種類があるのです。

 

認定心理士って何?

 

認定心理士は、他の資格のように試験がありません。認定心理士は心理学を専攻している大学や大学院で基本的な知識や技術を学んだことを証明するもので、認定申請をすることでもらうことが出来ます。卒業前に「仮認定申請」も行うことが出来ます。大学卒業が必須となっている臨床心理士や産業カウンセラーなどのスタートラインとして取得する人が多い必須資格です。
受験資格としては、

 

・16歳以降に最低でも2年以上日本に滞在した人
・大学または大学院で、心理学や教育心理学などを専攻、卒業あるいは修了した人
・日本心理学会が指定する、心理学の単位を大学などで取得した人

 

となっています。

 

心理学以外の学科を専攻しているとこの資格は取得することが出来ません。査料10,000円、認定料30,000円など費用が必要になります。この資格は心理学のプロとしてお仕事をすることが出来るようになります。また、一般企業では人事課や社内の心理相談を行う部署でも活躍できる可能性もあり、心理学に限らず就職に有利になる資格でもあります。

 

メンタルケア心理士と認定心理士の違いとは?

 

認定心理士は心理学の基本的な知識を有することを証明する民間資格です。この資格を持っているとプロとしてお仕事をすることも出来ますが、その後のステップアップの為に取得することが殆どです。あくまでも「認定心理士レベルの知識があること」を証明するものでしかありません。認定心理士の資格を持っている人は多いので、この資格だけだと就職先が少ないのも事実です。メンタルケア心理士の受験資格にも、「認定心理士」を所有していることと条件が定められています。独立開業をしたいのか、民間資格なら臨床心理士の道もありますし、大学院や実務経験を積み、平成27年に出来た国家資格の公認心理師を目指すことも出来ます。今後心理学のプロとして活躍する場を広げてくれるのが、認定心理士といえるのではないでしょうか。

 

認定心理士を取ることが、今後心理学の分野で活躍するためのスタートラインにもなります。心理学に興味ないからと言わずに認定心理士も学んでおくと様々な場面で活かすことが出来ます。


ホーム RSS購読 サイトマップ