メンタルケア心理士

メンタルケア心理士とメンタル心理カウンセラーの違い

メンタルケア心理士とメンタル心理カウンセラーの違い

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

心理学の資格はたくさんあります。どれを勉強したらいいのか迷ってしまいますよね。
その中でも近年注目されている「メンタルケア心理士」、「メンタル心理カウンセラー」とは何が違うのでしょうか?また、目指す方向によってどちらを選ぶべきでしょうか。

 

メンタル心理カウンセラーってなに?

 

メンタル心理カウンセラーは、心理学の基礎から高度なカウンセリングまでを範囲としています。一般財団法人「日本能力開発推進協会」が主催している、心理カウンセリング系の民間資格の一つです。心理学の知識のほか、カウンセリング能力も必要になっています。
心理学にはそれぞれ特化した内容があり、この資格では「精神疾患に進展する可能性がある精神状態」を解消するものだとしています。メンタル心理カウンセラーは多岐にわたり活躍することが出来ます。例えば、病院や介護施設、学校のカウンセリングルームなどがあります。
資格習得の方法としては、受験をするために必要な全カリキュラムを受講し、終了後検定のお申込みの流れになります。在宅で受験できるテストとなり受験料は3,500円です。

 

メンタルケア心理士ってなに?

 

メンタルケア心理士は、現代のストレス社会においてメンタルヘルスのケアをする資格となります。「メンタルケア学術協会」と、一般財団法人「生涯学習開発財団」の2団体が認定している資格です。現代社会における悩み事不安を解消し、精神疾患になるのを防ぎます。
医療や福祉はもちろん、教育や産業などの分野で活躍することが出来ます。
メンタルケア心理士を取得するには条件が定められています。試験内容は精神的な分野だけではなく、精神解剖生理学、精神医科学、カウンセリング基本技法などの専門的な分野から出題されます。在宅試験にはなりますが合格率は40%と、難易度が高めのテストになります。

 

メンタルケア心理士の受験資格とは?

 

・メンタルケア学術学会が指定する教育機関メンタルケア心理士講座の受講を修了した人
・認定心理士の資格を取得している人
・産業カウンセラー初球の資格を取得している人または、大学で心理学を専攻している人となります。

 

心理学の資格でも、資格によって学ぶ内容が異なります。あなたは心理学のどんな分野について学んでみたいでしょうか。また、資格習得後はどんな場面で活躍してみたいと思いますか。心理学を学ぶことは、周りの為にもなりますが、自分自身と向き合うことにも繋がります。


ホーム RSS購読 サイトマップ