メンタルケア心理士

メンタルケア心理士は看護師の方こそ持ってもらいたい資格

メンタルケア心理士は看護師の方こそ持ってもらいたい資格

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士は、活躍の場が多い心理資格として知られています。近年注目されているのは医療機関に勤める人がメンタルケア心理士の資格を習得するというもの。患者さんに寄り添い、相談援助をすることでより多くの患者さんのお役に立つことが出来ます。特に、メンタルケア心理士はキャリアアップを目指している看護師さんは、是非とも取得しておきたい資格です。

 

看護師がメンタルケア心理士を取るメリットとは?

 

メンタルケア心理士は従事する内容によって呼び名が変わります。医療従事者が行う場合、心理カウンセラーという名称になります。ストレス社会といわれる中、さまざまな悩みをかかえ社会に適応することが出来ずに苦しんでいる人がたくさんいます。その患者さんたちの心のケアや回復のお手伝いをすることが出来るのです。本来精神科医が行うお仕事ですが、精神科医は人手不足とも言われ、治療にかかりたいときにすぐにかかることが出来ません。また、精神科医にかかるほどではないけど…と患者さんが判断してしまいカウンセラーに相談せずに抱え込んでしまう人もいるのです。患者さんの気持ちに寄り添い、患者さんの相談窓口となって接することが出来ます。

 

看護師がメンタル心理士の資格を取得するには?

 

メンタルケア心理士には受験資格があり、該当しないと資格を取ることが出来ません。大学で心理学を専攻しているか、「メンタルケア心理士講座」の受講が条件となります。この条件を満たすと、願書を郵送することで受験することが出来ます。在宅試験になるので忙しい看護師さんでも安心して試験を受けることが出来ます。ただし、合格率は40%となり、在宅試験の中では低めです。心理学の中でも十分実力を発揮できる資格として、十分に勉強しないと資格を取ることが出来ませんので注意してくださいね。医療従事者は資格の受験者の25%になることからも、医療従事者の資格習得率が高いことがわかりますね。

 

看護師にとって、キャリアアップとしてはもちろん、患者さんとのコミュニティーとしてもメンタルケア心理士は是非とも注目してほしい資格になります。業務の幅が広がるばかりか、患者さんにより深く寄り添うことが出来るのでたくさんのメリットがあります。患者さんの心身のケアが出来る高い技術をもった看護師の需要が増えていくとされています。
仕事面だけでなく、私生活でも活かすこと出来る嬉しい資格です。


ホーム RSS購読 サイトマップ