メンタルケア心理士

メンタルケア心理士の合格率

メンタルケア心理士の合格率

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

心理学の資格の中でも人気のある「メンタルケア心理士」を目指している人も多いのではないでしょうか。ただし、独立開業出来るだけの知識を持ち合わせているだけに、「メンタルケア心理士」は簡単に取得できる資格ではありません。実際に合格率はどの程度になるのでしょうか。

 

「メンタルケア心理士」の合格率って?

 

合格率気になりますよね。協会発表よると約40%だとされています。受験する層としては20代〜30代の人に集中しており、中でも30代は全体の42%にあたります。このぐらいの時期は、仕事や私生活、家族など様々なことに悩む年齢でもあり、自身の悩みから心理学に興味を持つ人が多いようです。20代は29%と次に多く、40代で20%、50代で6%と下降していきます。
実際に試験を受けている人達を見てみると、

 

1位 医療従事者
2位 一般会社員
3位 パートやアルバイト

 

と続いています。医療従事者の場合、患者さんと接する機会が多いので心理学に興味を持つ人が多い傾向にあります。中には看護師さんのようにキャリアップになる場合もあります。
会社員の場合、自身の経験や会社のストレスなどの相談に乗りたいなどと考えたことがきっかけとなる場合もあるようです。パートやアルバイトになると、主婦や家庭もちの人もいるので家庭環境の悩みなどから心理に興味を持つ場合があります。

 

「メンタルケア心理士」の試験内容とは?

 

メンタルケア心理士の場合、しっかりと学習していたかどうかが合格を握るカギとなります。学習目安期間としては半年程度なので、仕事の後に毎日時間を決めて、勉強するのがいいでしょう。通信講座で学ぶことが出来るので自身のモチベーションを保つ努力が出来るかどうかも重要です。在宅試験ですし、万が一試験に落ちてしまっても何度でも挑戦することが出来ます。

 

試験内容としては、

 

・学科試験20問と生化学に関する基礎知識
・解剖生理学に関する基礎知識
・薬についての基礎知識
・精神障害に関する基礎知識
・身体疾患と精神症状に関する基礎知識
・薬剤に関する基礎知識

 

カウンセリング倫理・概論、カウンセリング概論、心理療法基本なども出題されます。合格基準としては全体の80%を取っていれば合格になります。

 

ここまで明確にわかっているのですから、「メンタルケア心理士」を取るのであれば、しっかりと勉強し一発合格を目指すようにしてくださいね。通信講座を使うのが一番効率もよくおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ