メンタルケア心理士

メンタルケア心理士とメンタルヘルスケア検定の違い

メンタルケア心理士とメンタルヘルスケア検定の違い

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士とメンタルヘルスケア検定の違いについて詳しく説明します。
現在、日本の多くの場所でストレスが原因となる精神的な負担が増大しており、鬱病などに罹患してしまい医療機関を利用する人が後を絶ちません。
メンタルケア心理士やメンタルヘルスケア検定といったメンタルをサポートする資格は、こういった現状を改善するために創設されたものであり、その資格を取得した人は様々な職場で活躍しています。
その反面、メンタルケア心理士やメンタルヘルスケア検定のように資格認定権者が異なる資格では、その受検方法や取得後の職場・収入などの違いがでてきます。
ですので、これからメンタルヘルスケアのための資格を取得しようとする方は、それぞれの特徴を良く把握しておくことが後々に生かされてきます。

メンタルヘルスケア検定の概要と特徴、将来性や収入・職業は?

まずはメンタルヘルスケア検定を確認し、メンタルケア心理士との違いを認識できるようにしましょう。
メンタルヘルスケア検定は、NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会が主催する資格検定試験です。
メンタルヘルスケア検定を取得すると、特に一般企業や教育現場で働く教師、医療現場で働く看護士の方々が、それぞれの職場においてメンタルケア管理をサポートする資格を得ることができます。
メンタルヘルスケア検定の将来性や職業に関しては、上記のような特徴がありますので、基本的にこの資格を取得してから就職する、というよりも、すでに就職している人が職場内でのスキルアップのために取得する資格という性格が強いです。
このため、すでに企業で働いている方、教師、看護士、社会福祉系のお仕事をされている方が対象となります。
収入に関しては、企業等の規定によっては、メンタルヘルスケア検定を取得することにより手当がプラスされたり、人事上で優遇される可能性があります。
長い会社員生活を考えると、収入面でのアップについても大きな積み重ねとしてプラスになる可能性があります。

 

メンタルケア心理士とメンタルヘルスケア検定の最大の違いとは?

さきほど小雨回したメンタルヘルスケア検定と比較して、メンタルケア心理士はより広範なメンタルケアをすることを目的とした資格です。
主催はメンタルケア学術学会であり、より専門的な知識が必要とされます。
このため、すでに認定心理士や産業カウンセラー資格、心理学部を卒業した大卒者以外の方にはそのままの状態で受検することができません。
まずはメンタルケア学術学会指定教育機関での養成講座を受講し、完了後受検という流れで資格が取得可能。
専門性が高い分、応用範囲が広く、企業、福祉、医療、学校のサポートメンバーなどの需要があり、その収入は時給5000円を超える場合もあり、非常に収入面でも強力な資格となっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ