心理カウンセラー資格の中で通信教育で取れるものは?

心理カウンセラー資格の中で通信教育で取れるものは?

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

今や日本人の3人に1人はメンタルに何らかのメンタルトラブルを抱えていると言われており、その傾向はますます強くなっています。
心理カウンセラーの数も不足しており、今後も高い需要が続くと見られます。
今回は、数ある心理カウンセラーの資格の中でも通信講座を受講することで取得でき、かつ業界での信頼も厚い資格をご紹介いたします。

 

通信講座で取得できる資格

 

■産業カウンセラー
受講期間:1年
受講料:約20万円
毎年11月開講、8月に募集をかけています。
学ぶ内容は、カウンセリングの基本技法。実習とレポート課題提出というカリキュラム構成です。
働く人のカウンセリングを目的とした資格のため、取得後に活動する現場も企業が中心です。

 

■マスターケアストレスカウンセラー
受講期間:1〜2年
受講料:約12万円
細かくは、「ケアストレスカウンセラー講座」、 「青少年ケアストレスカウンセラー講座」、 「高齢者ケアストレスカウンセラー講座」、「企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座」の4つの資格講座を受講することで、カウンセラーの称号を得ることができます。
いつからでも始められますが、受講期間は1〜2年と長め。

 

■認定心理士
受講期間:2〜4年
受講料:約35〜65万円
大学の心理学部を卒業することで得られる資格。そのため、大学の通信教育を利用します。大学により募集期間は異なりますが、毎年4月〆切の学校が多いようです。大卒なら2年、その他の場合は3〜4年と、長い歳月を要します。その分学べる分野は幅広いものの、実務に活かすとなると、別の実践的な資格を持っていることが望ましいとされています。

 

■メンタルケア心理士

受講期間:4ヶ月〜
受講料:5万円弱
いつからでも受講できる通信講座。速い人は4ヶ月で受講が修了でき、料金も5万円せず、コストパフォーマンスの良い資格です。
資格取得後はメンタルケア学術学会による独立開業支援も行われています。医療現場とのつながりも強いという特徴が。

 

おすすめは「メンタルケア心理士」

 

取得することで即戦力とみなされ、活躍できる分野も広いのは「メンタルケア心理士」です。
医療・学校・企業といったあらゆる場面での活動を想定したプログラムのため、学ぶ内容もカウンセリング分野以外に、精神医科学や精神解剖生理学など本格的。心の病を防ぐだけでなく、かかってしまった人に対する対処もできる資格です。これにより、メンタルケア心理士の医療分野への進出は今後さらに進むと見られています。未経験から独立開業も、夢ではありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ