心理カウンセラー資格にはどんなものがある?

心理カウンセラー資格にはどんなものがある?

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

心の病が増加の一途を辿る昨今、「心理カウンセラー」の存在価値は年々上がり、今や日本でも、カウンセリング先進国である欧米に引けをとらないほどの立ち位置へと昇華しつつあります。
実はこの「心理カウンセラー」、資格は1日の講習で得られるものから国家資格まで、実に様々。中には資格を持たずにカウンセラーとして活動している人もいるほどです。
それでは実際に、心理カウンセラーにはどのような資格があるのでしょうか。そして、どの資格が実社会では重宝されるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

 

代表的なカウンセラー資格

 

カウンセラー資格は多々ありますが、社会的信用が得られ業界でも人気があるのは、以下のような資格です。

 

臨床心理士:
大学卒業後、2年間以上大学院で学ぶ必要があります。国家資格化の動きあり。

 

認定心理士:
大学、大学院の心理学部・学科を出ている証となる資格。

 

学校心理士:
心理系の大学を出ているか、教員としての実務経験を積んでいることが受験の条件。そして勤務現場も学校に限られます。

 

心理相談員:
受験には心理系の大学を出ているか、看護師・保健師等医療系の資格を保有している必要あり。主に企業で働く人を対象に、産業医の支持の元カウンセリングを行います。

 

産業カウンセラー:
大学を出ていなくても、指定の養成講座を受講することで受験可能。ただし、カウンセリングする相手は企業で働く人に限られます。

 

これらの資格は、大学の心理学部を出ているか、医療現場・教育現場の資格や実務経験が必須で、唯一それらが不要である産業カウンセラーも、活動現場は企業に限られてしまいます。
そこでおすすめなのは、「メンタルケア心理士」の資格です。

 

メンタルケア心理士:

メンタルケア学術学会指定教育機関において「メンタルケア心理士講座」を受講することで受験可能。心理系の大学卒または認定心理士、産業カウンセラー資格の保有も、受験資格に該当します。
活動現場は個人のカウンセリングルームから企業、学校、医療現場と幅広く、将来的には独立開業も目指すことができます。

 

重要なのは資格取得後

 

心理カウンセラーとして重要なのは、ある程度社会的信用の得られる資格を取得したら、その後とにかく実績を積み、カウンセラーとしての仕事をブラッシュアップしていくこと。
つまり、大学に行きなおしたり別の職業で実務経験を積んだりするよりは、指定の講座を受けて少しでも早く資格を取り、まずは現場にデビューすることが重要となるのです。
「メンタルケア心理士」は、初学者が心理カウンセラーとしての一歩を踏み出すのに最適な資格と言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ