メンタルケア心理士

メンタルケア心理士と人間関係の形成

メンタルケア心理士と人間関係の形成

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士は医師でもなく、医療関係者でもないのですが、人間関係に大きな影響を及ぼす感情面で人を助けることができるのはすばらしいことです。

 

人がより良い人間関係を形成するために教育の場面は避けて通ることができません。特に学校における友人関係や、家族内での人間関係に問題を抱える子供たちが増えているといわれます。学校での友人関係に関していうならば、子供たちもそれぞれ家庭や社会の影響を受けてストレスを抱えています。20年くらい前であれば、子供がストレスを抱えることがあるのか、と不思議に思う人もおられたかもしれませんが、最近の調査では小学生の半数以上は「ストレス」という言葉を理解して、体感しているようです。そのため学校で子供たちのストレスや感情面での問題に対処するために、子供の話をよく聞いてカウンセリングが行えるメンタルケア心理士が必要とされているようです。

 

加えて、最近では児童相談所のような施設でも活躍しているようです。幼い頃から専門のメンタルケア心理士の人からアドバイスをもらって良い人間関係の構築ができれば、大人になっても幸福な生き方が期待できるに違いありません。

 

外国では幼稚園のような施設にもこうした専門のカウンセリングをおこなう有資格者が所属していると言われますから、日本でもそのように体制ができあがるのは時間の問題であるに違いありません。人間関係の形成は幼いうちから行われますから、適切な指導や援助も幼いうちから必要であると言えます。メンタルケア心理士の人たちはこうした良好な人間関係の形成のお手伝いができるのですから、社会全体に大きく貢献する有用な資産になることができます。良い人間関係が形成されれば、当然社会全体の道徳観や人々の人格特性にも良い影響があるに違いありません。単なる一個人の問題ではなく社会全体の問題を扱う、非常に壮大なスケールでの仕事ができるに違いありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ