メンタルケア心理士

メンタルケア心理士の就職先や仕事について

メンタルケア心理士の就職先や仕事について

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士って具体的にどんな仕事をするの?
また、資格を取ったらどんなところに就職できるの?
今回、メンタルケア心理士の取得を目指す人たちのこうした素朴な疑問に答えるべく、メンタルケア心理士の仕事内容と就職先についてリサーチしました。

 

メンタルケア心理士の仕事とは

 

メンタルケア心理士が行う仕事は、大ざっぱにいえば、心の悩みやストレスを抱えた人たちの心理的なサポートをすることです。
医療福祉情報実務能力協会によれば、各分野での心理的な相談援助、心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務としていますが、要するに心の問題全般に対応するアドバイザーということです。
メンタルケアといえば精神科や心療内科がありますが、厳しさを増すストレス社会にあってはそれだけで間に合わず、国家資格ではないもののメンタルケアに関する知識とアドバイス能力を有する民間資格の心理カウンセラーの需要は高まっています。
そんな中でメンタルケア心理士も、学校、企業、医療、福祉などさまざまな分野で積極的に心の病気を癒やす仕事を行うことが求められています。
メンタルケア心理士の仕事は、すでに心の病気を抱えた人のサポートも行いますが、そこまで至っていない予備軍の人についても、予兆を察知したり、それ以上進行しないよう予防するためのアドバイスを行ったりします。

 

メンタルケア心理士の就職先

 

メンタルケア心理士を取得した人には、どのような就職先があるのでしょうか?
すでに紹介したように、学校、企業、医療、福祉など各方面にわたります。
そこでメンタルケア心理士はこうした人々の心理的なケアを行うべく、学校や医療機関、企業、介護施設、福祉施設などで民間カウンセラーとして就職することになります。
カウンセラーとしての活動は実際の施設に常駐して行う場合もありますが、電話やインターネットを通じてカウンセリングを行うこともあります。
いずれにしても、心理的なストレスが多い組織や集団施設は格好の就職先となります。
仮にカウンセラーとしての就職ができない場合でも、メンタルケア心理士の資格を保有しておけば、対人援助職での活躍、キャリアアップが望めます。
長引く景気の低迷と一層深まる社会不安などから、精神に異常をきたしたり心理的ストレスを抱える人は着実に増えています。
そんな中、カウンセラーの需要は逆に高まっており、それに合わせてメンタルケア心理士の就職先も広がっていくことが予想されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ