メンタルケア心理士

メンタルケア心理士の試験概要

メンタルケア心理士の試験概要

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

メンタルケア心理士になるには、どのような受験資格が必要なのでしょうか?
それは、医療福祉情報実務能力協会が指定した教育機関でメンタルケア心理士の講座を受講し、修了した人であれば、その時点で受験資格を得ることができます。
受験する際には、1点注意事項がありますので注意しましょう。願書提出時に「教育機関名(学校名)」、「学籍番号」、「学習開始日」の記載が必要になります。
また、認定心理士の資格を保有している人、産業カウンセラー初級の資格を保有している人や文部科学省に定められた4年生大学の心理学部、学科または心理隣接学部、学科の卒業者は受験資格を得ることができます。
私が想像していたカウンセラーの受験資格は、大学の心理学部や心理隣接学部を出ていないと受験資格さえもらえないと思っていました。メンタルケア心理士は、今まで心理学を勉強したことがなくても、ある企業で全く違う職種についていても、ある岐路にさしかかった時に、カウンセラーになろうと思えばなることができます。これはある意味門戸が広い資格といえます。

 

次に、試験科目はどのようなものがあるのでしょうか?当然のごとく心、つまり精神にかかわることについての出題範囲が大きな部分を占めています。
大きく分類すると、染色体や遺伝子・人体の組織や器官・薬理学などの精神解剖生理学、また精神病や神経症などの精神障害に関する知識・身体疾患と薬剤に関する精神医科学、そしてメンタルケアの専門家として活躍するために必要なカウンセリングの目的から概論そしてカウンセリングと医療との関係まで出題範囲は多岐にわたります。
また、さすがに心の専門家らしく、800文字程度の論述問題も出題範囲となっているようです。これは、出題範囲の中からあるテーマについて記載する試験となっています。
また、試験方法が目新しく、メンタルケア心理士試験は、在宅受験となっており年に4回実施されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ