メンタルケアカウンセラー

仕事と勉強の両立について

仕事と勉強の両立について

メンタルケアWライセンス講座 メンタルケア心理士講座 メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士

メンタルケアカウンセラー

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

 

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

メンタルケア心理士

メンタルケア心理専門士

 

無料資料請求・通信講座申込みこちら

 

何ごとも、両立って難しいものです。

 

通信教育だから、自分の好きな時間に勉強できるとはいっても、つい「今日は疲れたから明日やろう」などと、勉強の予定が延び延びになってしまったりします。

 

また私の場合、夜勤などシフトの予定が直前まで決まらないので、勉強の計画を立てづらいのもネックでした。学生さんであれば、そう難しくはないのでしょうけれど、社会人だとそれなりの工夫は必要ですね。

 

社会人の方なら、通勤時間を有効活用したり、会社帰りにカフェに寄って勉強するなどいかがでしょう。カフェで、時間を決めて「1時間でここまでやろう!」と集中すると案外はかどります。私は、自宅のそばのスタバやタリーズで勉強していました。眠気覚ましにもなるコーヒーと座り心地のよいソファ、静かな空間・・・。勉強するにはうってつけです。おいしいドリンクが楽しみでカフェに通っていたというのもありますが(笑)、これが習慣になってしまえば、勉強も苦になりません。

 

また、有効活用したいのが電車に乗っている時間。私は職場まで電車で1時間かかっていたのですが、乗車時間が正味40分、それを1日に2回乗るわけですから、1日に10ページは教材が読めてしまいます。ですので、私の場合、教材を読むのは電車の中で、そして復習ドリルと添削問題をやるのは仕事帰りに寄るカフェで、という方法で学習していました。

 

人間は忘れる動物なので、最初の頃に学習したことを、時間が経つにつれ忘れていってしまうものです。ですので、随時「復習」が欠かせません。だから、私はオフの日でもカバンには常にテキストをしのばせ、歯医者の待ち時間など、ちょっとした空き時間にテキストを斜め読みしていました。斜め読みするだけでも前に学習したことを思い出せるから不思議です。これを繰り返し行い、知識を自分のものにしていきました。英語や歴史の勉強でもそうですが、覚えるには「反復学習」が有効だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ